昔はお茶が薬だった?





お茶のルーツがどこかということについては、いろいろな研究者が発祥地を探していますが、断定されるまでにはいたっていません。ただ、中国雲南省のシーサバンナ周辺ではないかという説が有力です。
その中国では、お茶がその昔、薬として使われていたという話があります。
おさんぽっぽ様 専用 FONTAINE フォンテーヌ ウイッグ BP921
それから時代を経て、後漢ごろに成立したとされる中国最古の薬物書「神農本草経」にも、お茶とその効用が記されています。また、この書名にある「神農」は中国古代神話に登場する帝王の名前で、「毒にあたるも茶で解毒した」という伝承が現代に残されています。これは、後世になって作られた話だそうですが、昔からお茶の健康効果が注目されていたことは確かなようで、医薬や農耕の神でもある神農は、「喫茶の始祖」ともされました。
それを示す記述が見えるのは、お茶に関する最古の書物「茶経」です。
お茶の製造方法や飲み方などが網羅されており、唐の時代、760年ごろに陸羽という人物が著しました。
ただこの時代のお茶は、現代の私たちがよく見るものと様子が違います。
持ち運びやすいように「餅茶」と呼ばれる固まりとして作られ、飲む際には、この固まりを削って細かくし、煮出したようです。
唐代には禅が盛んになりましたが、座禅のときの目覚ましの薬としても用いられました。




陸羽は、ほぼ茶葉と湯だけで作る飲み物を世に広く知らしめた人物でもありました。
「茶経」では、当時よくあった習慣として、茶葉とともに「ネギ、ショウガ、ナツメ、柑橘類の皮、グミ、ハッカなどを用いて煮る」という方法が紹介されていますが、まるでドブ水のようだと酷評されています。
ほかの資料からも、陸羽の時代より前は、茶は 羹(スープ)の材料として使われていたことがわかっています。
これと似た飲茶法は、日本の平安時代にあった「季御読経」という仏教行事にも見られます。この中で「引茶」が僧侶にふるまわれるのですが、それは、お茶にアマゾラ (甘葛)、コウボク、ショウガなどを加えたものでした。
タイルカーペットjpvnさん専用の商品
時代を経て、中国でも日本でも、茶葉と湯だけで飲む習慣が広がり、さまざまな形を持つ特別な飲み物になっていきます。
 
さらに鎌倉時代、臨済宗の開祖である栄西 (1141~1215年)が執筆した「喫茶養生記」でも、お茶は薬として扱われています。
「茶は養生の仙薬なり。延齢の妙術なり」から始まり、臓器の調子を整えるといった効用が記されています。
なお、ここで飲まれていたお茶は、餅茶ではなく、抹茶の原型ともいえるものでした。





富士通 10.3型 電子ペーパー QUADERNO A5 FMV-DPP04
ちなみに抹茶ではなく煎茶が日本茶の主流となるのは、江戸時代、に永谷宗円という人物がその製法を確立したあとです。
眠気冷まし兼嗜好品として、庶民にも広まりました。
現代はお茶の研究が進んで、眠気防止やリラックスの効果、血圧上昇の抑制、抗酸化作用などが指摘されていますが、昔の人は経験則でお茶の効用を知っていたのでしょうか。


Swivel スノーボードウェア /スノーウェア/アウター

 
 
LOUIS VUITTON ルイヴィトンバッグ キーポル55エピ

カテゴリーから探す

さやか様専用です。

正規品販売! 【最短即日発送】あいこな 3袋【匿名発送】 愛犬用サプリメント aikona ペットフード

正規品販売! 【最短即日発送】あいこな 3袋【匿名発送】 愛犬用サプリメント aikona ペットフード

茶器・ボトル類


価格から探す


正規品販売! 【最短即日発送】あいこな 3袋【匿名発送】 愛犬用サプリメント aikona ペットフード


検眼レンズ メーカー不明

而今2種セット

PHARMACIEDELAPORTEJEUNELAFAYETTE.COM RSS